弁護士に債務整理相談

債務整理をするのにも弁護士に相談し、依頼することになります。そうなった時に発生するのは「弁護士費用」です。報酬になります。また、債務整理をする前に相談することにもなりますし、実際に手続きが始まれば、着手金が発生し、報酬金も発生します。さらに実費として印紙代や郵送代も発生します。

借金返済するのにお金がかかるなんて聞いてない、と思われる方も多いですが、実際には弁護士に報酬を払わなければ、債務整理もできません。今は無料相談もありますので、色々な弁護士事務所で相談に乗ってもらう事も可能ですし、一番良い債務整理のやり方を教えてもらって、弁護士費用を聞いてから決める事も可能です。また債務整理の方法によっても費用が変わりますので、十分に注意してください。

また収入があまりない人、また実生活の中で費用を差し引いた額が少ない方は、「法テラス」を利用することができます。法テラスでは報酬は分割にしてもらう事もできますし、報酬自体が低いです。収入によって利用できるかどうかが変わりますが、なかなか弁護士にお願いしにくいという環境になる人には利用しやすいでしょう。ただ法テラスの注意点として、弁護士を選ぶことができないという事です。中には相性の悪い弁護士がいる可能性もあるため、注意しましょう。

 

債務整理への流れ

弁護士に債務整理を依頼する場合には、まず無料相談などで自分に合いそうな弁護士を探します。いくつか相談しているうちに、親身になって相談に乗ってくれる弁護士が見つかるかもしれません。無料相談をしている弁護士事務所は数多くあります。

弁護士が決まれば、債務整理の依頼したい事を相談します。もう自己破産をする、任意整理をする、と決めている人の場合は、そのまま相談しても構わないです。もし決めかねている、できれば自己破産は避けたいなど要望がある時には、相談してみましょう。自己破産や任意整理も、自分がしたいと思っていても、条件があります。収入や借金の内容などを含めて、中には自己破産すらできない場合もあります。気を付けましょう。また任意整理の場合も、自己破産にしても「働いていて収入がある」事が条件です。

債務整理をする際に、記載事項がありますが、収入、借金の額、そして借金の内容、そして借金している場所の数、記載をしていよいよ債務整理です。債務整理の受注をしてもらったら、そこから債権者に通し、そこから督促はなくなります。返済の状況や利息の計算などは、すべて弁護士に頼むことになります。その人相応の金額になってくれます。さらに過払い金などが発生した場合には、その過払い金も戻ってくることもあります。何より、借金返済で悩んでいる人がいれば、債務整理をするように弁護士に相談してみる事からが一番です。